事業概要事業概要©所沢市

 

電力調達先電力調達先©所沢市

<電力調達先の一例>

名称フロートソーラー所沢フロートソーラー所沢東部CC東部クリーンセンター
発電種別太陽光ごみ焼却発電
発電電力386kW
(315W/枚✕1,224枚)
5,000kW
(2,500kW✕2基)
所在地所沢市松が丘所沢市大字日比田
名称 

所沢市内小中学校27校

                                                                                         

武州ガス所沢営業所太陽光発電設備

発電種別太陽光太陽光
発電電力約900kW約20kW
所在地所沢市内所沢市泉町

※当社がFIT設備から調達する費用の一部は、当社お客様以外の方も含め、電気をご利用のすべての皆様から集めた賦課金により賄われており、この電気のCO2排出量を持った電気として扱われます。

当社の電源構成2018年度実績)

 

〈当社のCO2排出係数(2018年度実績)〉

CO2排出係数(調整後):0.253kg-CO2/kWh

 

ところざわ未来電力の特徴ところざわ未来電力の特徴©所沢市

株式会社ところざわ未来電力は、「マチごとエコタウン所沢構想」の一環として、所沢市、JFEエンジニアリング(株)、飯能信用金庫、所沢商工会議所によって設立した地域新電力会社です。再生可能エネルギーをはじめとした環境への負荷が少ない電力の利用を推進し、市域から排出される温室効果ガス排出量を削減するとともに、自然に寄り添う持続可能な地域社会の実現を目指しています。

 

ところざわ未来電力の特徴

大人と子供が支えあって、ともに未来に向かって成長してゆくイメージ。カラーは所沢のシンボルマークと同じ、青と緑を基調にしています。

経営理念

エネルギーで支える 
地域のくらしと地球の未来

3つの特徴

エネルギーの地産地消

域内の再生可能エネルギーを積極的に調達します。

再生可能エネルギーの普及

域内の再生可能エネルギー利用を促進します。

地域密着型の電力会社

市も出資する、市民主体の電力会社として、所沢市の皆さまとともに事業を築いてまいります。